Japanese
English

#文学の森 の読み物

【文学の森ダイジェスト】平野啓一郎×阿部賢一教授──大江健三郎の自筆原稿を読み解く

平野啓一郎をナビゲーターとして、古今東西の世界文学の森を読み歩く…

対談

2023年08月01日

  • 文学の森

【文学の森ダイジェスト】平野啓一郎が大江健三郎『セヴンティーン』『不意の唖』を語る

平野啓一郎をナビゲーターとして、古今東西の世界文学の森を読み歩く…

インタヴュー

2023年07月25日

  • 文学の森

〔文学の森ダイジェスト〕平野啓一郎×アンナ・ツィマ——『シブヤで目覚めて』を語る

平野啓一郎をナビゲーターとして、古今東西の世界文学の森を読み歩く…

対談

2023年05月12日

  • 文学の森

〔文学の森ダイジェスト〕平野啓一郎がアンナ・ツィマ『シブヤで目覚めて』を読者と語る

平野啓一郎をナビゲーターとして、古今東西の世界文学の森を読み歩く…

インタヴュー

2023年03月22日

  • 文学の森

〔文学の森ダイジェスト〕平野啓一郎が読者からの質問に答える──三勝四敗主義、小説の終わり方、作品のメッセージ

平野啓一郎をナビゲーターとして、古今東西の世界文学の森を読み歩く…

インタヴュー

2023年02月13日

  • 文学の森
  • ある男

〔文学の森ダイジェスト〕平野啓一郎×石川慶──原作者と監督が『ある男』を語る

平野啓一郎をナビゲーターとして、古今東西の世界文学の森を読み歩く…

対談

2023年01月30日

  • 文学の森
  • ある男

〔文学の森ダイジェスト〕平野啓一郎が語る『ある男』

平野啓一郎をナビゲーターとして、古今東西の世界文学の森を読み歩く…

講演録

2022年12月13日

  • 文学の森
  • ある男

〔文学の森ダイジェスト〕平野啓一郎が読者の質問に答える──小説の構造、トルストイの意図、流行り言葉について

平野啓一郎をナビゲーターとして、古今東西の世界文学の森を読み歩く…

講演録

2022年11月12日

  • アンナカレーニナ
  • 文学の森
  • Q&A
  • トルストイ

〔文学の森ダイジェスト〕平野啓一郎が翻訳者と語るトルストイ『アンナ・カレーニナ』 (ゲスト:望月哲男さん)

平野啓一郎をナビゲーターとして、古今東西の世界文学の森を読み歩く…

講演録

2022年11月02日

  • 文学の森
  • トルストイ
  • アンナカレーニナ

〔文学の森ダイジェスト〕平野啓一郎が語るトルストイ『アンナ・カレーニナ』 

平野啓一郎をナビゲーターとして、古今東西の世界文学の森を読み歩く…

講演録

2022年10月10日

  • トルストイ
  • アンナ・カレーニナ
  • 文学の森

〔ダイジェスト〕森鷗外『舞姫』『阿部一族』内外を平野啓一郎とフリートーク

平野啓一郎をナビゲーターとして、古今東西の世界文学の森を読み歩く…

講演録

2022年09月22日

  • 文学の森
  • 森鷗外

〔文学の森ダイジェスト〕森鷗外『阿部一族』を政治思想と翻訳の観点から読む(ゲスト:金杭さん)

平野啓一郎をナビゲーターとして、古今東西の世界文学の森を読み歩く…

講演録

2022年08月09日

  • 文学の森
  • 対談

〔文学の森ダイジェスト〕平野啓一郎が読む 森鷗外『舞姫』『阿部一族』──「反自己責任論」人間への優しい眼差し

平野啓一郎をナビゲーターとして、古今東西の世界文学の森を読み歩く…

講演録

2022年06月14日

  • 文学の森
  • 森鴎外
  • 舞姫

〔文学の森ダイジェスト〕平野啓一郎が読者の質問に答える——優れた小説のタイトル、純文学とは何か?

平野啓一郎をナビゲーターとして、古今東西の世界文学の森を読み歩く…

講演録

2022年04月23日

  • 文学の森
  • Q&A
  • 文学

〔文学の森ダイジェスト〕平野啓一郎が瀬戸内寂聴さんの小説家像を語る   ゲスト:文芸評論家・尾崎真理子さん

平野啓一郎をナビゲーターとして、古今東西の世界文学の森を読み歩く…

講演録

2022年04月22日

  • 文学の森
  • 瀬戸内寂聴
  • 夏の終り

〔文学の森ダイジェスト〕平野啓一郎が語る瀬戸内寂聴の文学的主体と仏教・政治との関わり──『夏の終り』を読む

平野啓一郎をナビゲーターとして、古今東西の世界文学の森を読み歩く…

講演録

2022年03月17日

  • 文学の森
  • 瀬戸内寂聴
  • 夏の終り

〔文学の森ダイジェスト〕平野啓一郎が韓国文学を出版社代表、翻訳者と語る ── 『少年が来る』、文学と個人、フェミニズム

平野啓一郎をナビゲーターとして、古今東西の世界文学の森を読み歩く…

対談

2022年03月09日

  • 対談
  • 韓国文学
  • 文学の森

〔文学の森ダイジェスト〕平野啓一郎が語る『少年が来る』──国民的トラウマを「当事者でないからこそ書く意味」とは

平野啓一郎をナビゲーターとして、古今東西の世界文学の森を読み歩く…

講演録

2021年12月03日

  • 文学の森
  • ハン・ガン
  • 少年が来る

〔文学の森ダイジェスト〕平野啓一郎が三島由紀夫『春の雪』を読者と語る──第二部:読者とのQ&A

 平野啓一郎をナビゲーターとして、古今東西の世界文学の森を読み歩…

講演録

2021年11月30日

  • 文学の森
  • 三島由紀夫
  • 春の雪
  • 豊饒の海

〔文学の森ダイジェスト〕平野啓一郎が三島由紀夫『春の雪』を読者と語る──第一部:なぜ輪廻転生を描いたのか

 平野啓一郎をナビゲーターとして、古今東西の世界文学の森を読み歩…

講演録

2021年11月30日

  • 文学の森
  • 三島由紀夫
  • 春の雪
  • 豊饒の海
«
»
公式LINEアカウントはこちら