読み物

〔文学の森ダイジェスト〕平野啓一郎が翻訳者と語るトルストイ『アンナ・カレーニナ』 (ゲスト:望月哲男さん)

text by:平野啓一郎

平野啓一郎をナビゲーターとして、古今東西の世界文学の森を読み歩く文学サークル【文学の森】では、3か月ごとに「深める文学作品1冊」をテーマとして定めています。その作品に関し、1か月目は「平野啓一郎が語る回」、2か月目は「平野啓一郎がゲストと語る回」、3か月目は「読者とのQ&A」を開催します。

7月クールの「深める文学作品」は、トルストイ『アンナ・カレーニナ』(光文社古典新訳文庫/望月哲男訳)。

今回は、テーマ作の翻訳を務められた望月哲男氏をゲストにお招きしました。日本を代表するロシア文学・翻訳の第一人者から見たトルストイの凄さとは?

海外文学を楽しむためのポイントについてもお聞きしました。


【トルストイの最も脂が乗りきった作品】

平野啓一郎(以下、平野):望月訳の『アンナ・カレーニナ』を再読し、僕は非常に感銘を受け、『ある男』にも引用したほどです。専門的な見地からのお話もお伺いしたく、今回対談させていただくのを大変楽しみにしていました。まずトルストイの創作活動の中で、『アンナ・カレーニナ』という作品はどのような位置付けなのでしょうか。

望月哲男(以下、望月):トルストイの長編小説というと『戦争と平和』と『アンナ・カレーニナ』ですが、大雑把に言うと、『戦争と平和』と『アンナ・カレーニナ』を書いた段階で、すでに普通の意味での創作を断念していました。自分がやってきたような文学を否定してしまって、文章を書いて人々に伝えるとしたら、倫理的に正しいことを自然なわかりやすい形式で、単純明快に伝えるべきだということを、自分の芸術の信条とするようになった。ですから、位置付けとしては『アンナ・カレーニナ』は、いわゆる複雑な構造を持った長編小説のジャンルでの彼の最終作なんですね。だから表現やレトリックのレベルでも、文体の美しさという意味でも、一番脂が乗りきっていると思います。

 

【トルストイの理想の女性像・アンナ】

平野:トルストイは結局アンナという人物を、どういう思いで見つめているのでしょうか。それが作品の主題でもあると思うんですが、いかがでしょう。

望月:アンナという女性を造形するためにトルストイはいろいろ試行錯誤していますが、結果として描かれたアンナは、女性美に満ちているだけでなく、賢くて躍動的、感情の動きも豊かで、自然と周囲を幸せにするような、魅力満点の女性です。とはいえ夫を持つ身でブロンスキーと恋仲になっていくので、けっして良妻賢母の優等生の枠にははまりません。いろんな方向の可能性がいっぱい詰まった存在、女性的なものの潜在力の宝庫のような人物としてトルストイは描いていると思います。

夜汽車の中で小説を読んでいたアンナ、つまり一読者の立場から恋愛物語を味わっていた生気あふれる女性が、やがて不倫の愛の当事者・ヒロインとなり、自己解放として恋愛を追求していくところが面白いと思います。しかしその物語を突き進んでいくと、当人の考えがだんだん恋愛一元論的になり、絶対の愛を勝ち得るか否か、愛されないならもう終わりだというような、出口のない状態に追い詰められていく。恋愛を唯一最高の価値とすれば人はどうなるのか。結婚とか親子関係とかいう制度とそれにまつわる倫理のテーマとは別に、男女の純粋な恋愛という物語自体の持つ虚構性や残酷さというテーマを突き詰めようという意図も、作者にはあったと思います。

 

【嫉妬に狂っていくアンナを「分人主義」で分析すると】

平野:望月さんのおっしゃるように、アンナは非の打ち所のない女性であるようだけれども、現代の女性のように仕事を持ち、キャリアを積んで……というような生きがいがあるわけではなくて、恋愛至上主義になり嫉妬に狂うようになります。僕の分人主義の見地から分析すると、二人で生活しはじめてからのアンナは、ブロンスキー向けの分人が100%に近い比率で存在してるのに対して、ブロンスキーの中では、仕事をしてるときの分人がアンナ向けの分人とは別に存在します。その比率が大きくなり、アンナ向けの分人の比率が小さくなっていくように見えると、アンナはその事に非常に嫉妬してしまって、仕事だけじゃなくて浮気をしているのかと妄想し精神的に追い詰められてしまいます。

例えば、フランスの19世紀の貴族女性は、社会で働かなくとも、サロンの女主人といったかたちで生き甲斐を得ていた人もいました。なかには有名になった人もいます。アンナが恋愛以外のものがなくなって追い詰められていくことに、当時のロシア社会における、トルストイの女性を見る眼差しが反映されてるということなんでしょうか。

望月:アンナも創作したり翻訳をしたりと、才能豊かな人間として描かれていますが、ただそれを発揮する十分な場所を持っていません。子供への愛や執着はあるのですが、子育てにおいても地に足がつかないような感じです(彼女が自分の娘の歯の数を知らないということが書かれています)。恋愛一元論になっていくと、仮に他にどんなものがあっても、うわの空で真面目に取り組めなかったようです。そこが彼女の踏み込んだ道の行き止まりになっているような気がしますね。

 

【もう一人の主人公・社会と個人の間で悩みを抱くリョービン】

平野:もうひとりの主人公リョービンの話をしたいのですが、リョービンはいかなる人物なのかと探りながら読んでいくと、なかなか不思議で、例えば、ドストエフスキーの小説の登場人物のように、非常に強い自分なりの思想があって、それに基づいて行動してるというのではないですね。リョービン自身は社会規範にその都度疑問を抱いて、今ひとつ自分がその通りに振る舞えず適応できないことをずっと悩んでいる。社会と自分との関係に悩み続けている青年ですが、リョービンという人物をどういうふうに捉えてらっしゃいますか?

望月:おっしゃった通りのところがあると思います。彼は教養があり、いわゆる思想・学問でも、あるいは農業の課題でも、理論レベルの理解では物足りず、自分の生き方の問題として咀嚼して、だからこうしようという方向性が出てこないと満足しない人だと思います。兄は評論家で、社会・国家論などを喋るのですが、リョーヴィンは兄たちを見て、彼らは何でもよく知っているが、自分のこととして考えていないなと思うのです。つまり、何事も自分のものにしなければ意味がないという立場で、他者を見るときも、その人は自分自身の思想とどういう関係にあり、自分の言っていることをどこまで自分の問題としてとらえているのかを気にする人なんですね。

平野:兄は農民問題に関わることが良いことで、農民を都市生活と対極的に理想化したものとして見ている。農民と直接的な関わりのあるリョービンには、そういうふうに美化することはできないという件が僕は非常に好きで、小説『ある男』の中にも引用したほどです。兄は当時のインテリのカリカチュアとして描かれ、リョービンはそれと対照的に、自分の実感で納得できないと信じることができない。その悩み方に、トルストイはある種の人間としての誠実さを見ていたのだという気がします。

 

【読者からの質問 ー 海外小説を読むときに知っておくと喜び倍増なことは?】

平野:作家の情報を入れずに読むテキスト批評というのもありますが、僕は作家というひとりの人間が書いていることは事実であり否定しようのないことですので、その作家について知ることが作品の面白味を増すのだという立場です。海外小説は特に背景の違う世界の人が書いているので、その人はどういう場所に住み、どういう人だったかということを意識しながら読んだ方が興味深く面白いと思います。その上で作者の意図や何を言わんとしてるのかを考えながら読んだ方が、読書が豊かになると思います。これは海外小説に限らないですけれどね。

望月:ロシアの小説は沢山の登場人物が出てくるので、名前がわかりにくいとか人物を把握しきれないと言われますよね。特に『戦争と平和』は500人以上出てくるので訳者としてもいかんともしがたいと思うんです。今、平野さんがおっしゃったのはもちろん前提ですけど、同時に作者が遊んでるところ、張り切っているところ、簡単に言えば洒落であるとか冗談であるとか、人の口まねであるとか、何かそういう単なる描写以上の独特なことを作者がしているようなところがあれば、そういうところが何かこう読むときに、救いになるというか目印になるという感じでしょうかね。

 どんな物語にも転換点があるような気がするんです。ここを境にこの人の運命は違ってくる。犯罪小説にもあると思いますが、普通の小説にもあるので、そういうものがある作品ならば、そこをうまくとらえると面白いです。少なくとも後半の内容は面白く味わえると思います。一読しただけではわからないことも結構あるので、繰り返して読むことも味わい深くなると思います。

(ライティング:田村純子)


平野啓一郎の文学の森

ご入会後は、これまでの配信すべてをアーカイヴ視聴していただけます。

小説執筆の裏話や近況のことなど、テーマ作の枠を超えた質疑応答、雑談も大歓迎。小説家の案内で、古今東西の文学が生い茂る大きな森を散策する楽しさを体験してみませんか?ご参加をお待ちしております。

公式LINEアカウントはこちら