最新情報

WORKS(2022)

1月

  • 『改良』(遠野遥著 河出文庫)に解説「〝納得〟することの他者性」寄稿。

2月

  • 『新潮』(3月号)のアンケート「古井由吉の文~三回忌に寄せて」に回答。
  • 『文藝春秋』(三月特別号)に芥川賞の選評「母娘小説の更新」掲載。

3月

  • 『瀬戸内寂聴全集22~奇縁まんだら』に「解説――生き生きと呼吸する日本文学史」寄稿。
  • 『図書』(四月号)にエッセイ「鷗外の政治思想~『阿部一族』論」掲載。
  • AERA dot.」に木村伊兵衛賞の選評「行かなければ撮れないもの」掲載。
  • 『Nextcom』(Vol.49)の連載「すでに始まってしまった未来について」第49回目~「五感の地図」掲載。
  • 『大人になるまでに読みたい 15歳のエッセイ③ まぶたにのこる』(和合亮一編・エッセイ)に「被災地までの距離」収録。
  • 読み継がれる鷗外~鷗外生誕160年・没後100年記念」(文京区森鷗外記念館)に企画協力。展示とカタログにエッセイ「鷗外を今読むこと」を寄稿。

4月

  • 『図書』(四月号)にエッセイ「鷗外の政治思想~『阿部一族』論」掲載。

5月

  • 『小説の読み方』(PHP文藝文庫)刊行。
  • 『未来空想新聞』(5月5日 朝日新聞)に「天空人語」掲載。
  • 別冊太陽『森山大道 写真とは記憶である』(平凡社)にエッセイ「二度目の『さようなら』はなかった」掲載。
  • 『呼び出し』(ヘルタ・ミュラー著 小黒康正・高村俊典訳)の帯に推薦文掲載。

6月

  • 死刑について』(岩波書店)刊行。
  • 文京区立森鷗外記念館で開催の特別展「読み継がれる鷗外」に企画協力。
  • 大修館書店の教科書「現代の国語」に『私とは何か「個人」から「分人」へ』が掲載。
  • 『わたしからはじまる 悲しみを物語るということ』(入江杏著 小学館)の帯に推薦文掲載。
  • 『政治思想史と理論のあいだ 「他者」を巡る対話』(小野紀明著 岩波現代文庫)の帯に推薦文掲載。

7月

公式LINEアカウントはこちら