最新情報

読売新聞「2021年の回顧」で、平野啓一郎の長篇『本心』が取り上げられています。

読売新聞(12月14日朝刊)の「2021年の回顧」で、平野啓一郎の最新長篇『本心』が取り上げられています。

『本心』は2040年代の日本を舞台に、急逝した母をAI/VR技術で再生させた青年の物語で、記事内でも「急速な技術革新は人々の価値観をどう変えるのかと、描かれた近未来に戦慄を覚える」作品として紹介されています。

また文芸評論家の田中和生さんが挙げた「今年の3冊」にも選んでいただきました。

Amazonはこちら
『本心』特設サイトはこちら

公式LINEアカウントはこちら