最新情報

週刊読書人に『日蝕・一月物語』の書評が掲載されています。

週刊読書人(本誌およびウェブ)に、平野啓一郎デビュー作『日蝕』、二作目となる『一月物語』の書評が掲載されています。

掲載ページはこちらから。

発表から20年経過した今、読み直される方も多い二作です。

“この時代にどんな表現が可能かをみずからに問い、自身の書くものが文学の歴史においてどんな位置付けと役割を果たすか吟味し、小説というジャンルの拡張をも目論む。そうした創作態度は、他ジャンルのつくり手とも共鳴しながら、次代の表現を拓く活動に勤しんでいるように見える。それで平野には、広い意味での「現代アート」の担い手のひとりという雰囲気が漂う ”

ぜひご覧くださいませ。