平野啓一郎からのメッセージ

『透明な迷宮』以来、「ページをめくる手が止まらない」小説ではなく、
「ページをめくりたいけどめくりたくない、
ずっとその世界に浸りきっていたい」小説というのを考えてきました。
何かとくたびれる世の中ですが、小説を読むことでしか得られない精神的なよろこびを、
改めて、追求したいと思っています。

お知らせ