平野啓一郎からのメッセージ

「ページをめくる手が止まらない」小説ではなく、
「ページをめくりたいけどめくりたくない、
ずっとその世界に浸りきっていたい」小説を書きたいと、いつも願っています。

小説の読み方は自由です。
物語を楽しむ人もいれば、登場人物に共感する人、文章の美しさを求める人、
時代を理解したい人、新しい思想を期待する人、……と、様々です。
すべての要素が調和して、
日常と非日常とが結び合わされる世界が体験されるならば、理想的でしょう。

何かとくたびれる世の中ですが、
小説を読むことでしか得られない精神的な喜びを、
これからも追求していきたいと思っています。


CONTENTS

平野啓一郎をもっと楽しむ、3つのコンテンツ

お知らせ

公式LINEアカウントはこちら