最新情報

「平野啓一郎の文学の森」7月からはトルストイ『アンナ・カレーニナ』を読み進めていきます。

【7月クールのテーマは…『アンナ・カレーニナ』】

平野啓一郎のナビゲーションで、古今東西の世界文学の森を読む、「平野啓一郎の文学の森」。3カ月毎に選んだテーマ作品を月に一度のライブ配信で平野啓一郎が読み解く、小説家による文学解説(!)です。

2022年7月〜9月は、トルストイ『アンナ・カレーニナ』(光文社古典新訳文庫/望月哲男訳) を読み進めていきます。(Amazonはこちらから )

ドストエフスキーと並んでロシアを代表する文豪、レフ・トルストイ。中でも代表作の一つであり、後世の小説家に多大なる影響を与え続けている名作『アンナ・カレーニナ』をテーマ作に選定しました。

平野啓一郎も、「トルストイの非常にしなやかな文体と巧みな分人の描き分けに惹かれる」とその魅力を絶賛しています。

初回ライヴ配信は【7月29日(金)19:30〜】です。未読の方でも大歓迎です。お気軽にご参加ください。

【1ヶ月お試しプランも!】

そして、
「『文学の森』に興味はあるけれど、いきなり入会するのはハードルが高い…」
「平野啓一郎が語るトルストイの配信を聴いてみたい」
という方々に向けて、一カ月目のみ会員料金をお値引きした「お試しプラン」をオープンしております。

平野啓一郎の「文学の森」にご興味のある方、この機会をお見逃しなく!

「お試しプラン」詳細はこちら
「文学の森」についてはこちら

公式LINEアカウントはこちら