最新情報

毎日新聞に情報学者・西垣通さんと平野啓一郎の対談「デジタルの限界、文学の意味」が掲載されました。

毎日新聞デジタルに、平野啓一郎の対談記事「デジタルの限界、文学の意味」が掲載されています。

お相手は、毎日新聞文化面で寄稿「科学技術と人間」を連載中の情報学者・西垣通さんです。

今回は、長編小説『本心』(文芸春秋)で近未来の日本を描いた作家の平野啓一郎さんをゲストに、特別対談「デジタル社会はどこへ向かうのか」を行った。急速なデジタル社会化が進む今、科学技術はどのような課題を抱えているのか。背景にある思想やコロナ禍、教育問題など、幅広く語り合ってもらった。

デジタルの限界、文学の意味」より

こちらから記事を読むことができます。

公式LINEアカウントはこちら