最新情報

マガジンハウス「Ku:nel」1月号の読書特集で、平野啓一郎の最新長篇『本心』が紹介されています。

11月19日発売の雑「Ku:nel」1月号(マガジンハウス)の読書特集で、代官山蔦屋書店の文学コンシェルジュ・間室道子さんが、平野啓一郎の最新長篇『本心』を紹介してくださいました。

「”本物、本質、本音”など、本のつく言葉がちりばめられた『本心』は、自分の本心にたどり着く青年の感動作。人工知能技術のほかに、格差、外国人労働者、お金、死ぬ自由など、読者に考えさせる芽がある作品。ボリュームもあるけど、読み応えは、それ以上です」

「Ku:nel」1月号より

Amazonはこちら
『本心』特設サイトはこちら

公式LINEアカウントはこちら