最新情報

日弁連のシンポジウム「死刑廃止の実現を考える日」で、平野啓一郎が基調講演を行いました。

10月12日に日弁連が開催したシンポジウム「死刑廃止の実現を考える日2021」で、平野啓一郎が基調講演を行い、死刑制度の対する考えをお話ししました。

オンライン開催ながら約400人が視聴し、シンポジウムの模様は京都新聞でも紹介されています

23歳で芥川賞を受賞した平野さんは「20代後半まで死刑存置派だった」と自己紹介。その後渡仏し、海外の作家らと意見を交わす中で疑問を持つようになり、廃止派に変わったと振り返った。

京都新聞より

 

公式LINEアカウントはこちら