最新情報

11月6日発売『すばる』12月号に、小川公代さんとの対談記事が掲載されています。

11月6日発売の『すばる』12月号に、『「本心」とは何なのか』と題した平野啓一郎の対談記事が掲載されています。

お相手は、著書『ケアの倫理とエンパワメント』が大きな反響を呼んでいる、文学研究者の小川公子さんです。

平野啓一郎の最新長篇『本心』を軸に、文学は何の役に立つのか、小説の可能性とは何か、機械は人を幸せにするのか、といった様々なテーマについてトークしました。

『すばる』12月号の詳細はこちら。

公式LINEアカウントはこちら