最新情報

「週刊読書人」(6月11日号)に最新長篇『本心』にまつわるインタヴューが掲載されています。

「週刊読書人」(6月11日号)に最新長篇『本心』にまつわるインタヴューが掲載されています。ぜひご覧くださいませ。

小説はメディアの発展と深く結びついてきたジャンルです。十九世紀になって、バルザックやデュマなどが、新聞という新しいメディアの中で連載を始め、読者を増やしました。今回、新聞で連載させてもらいましたが、百万人単位の読者に届くメリットがある一方、現在は読者層が高齢化していて、若い人の目に触れにくいという弱点もあるんですよね。ウェブ上やスマホで文字を読むことが広まった現在に、小説をどのように読んでもらうか。作品とメディアの関係についてはいつも考えています。

『マチネの終わり』から、ウェブでも同時に連載する試みをしていますが、それをしなければ減らずに済む読者と、そのおかげで買う読者の比率というのは、今はさじ加減の世界です。それは今後、メディアの仕組みのちょっとした進化で、変わってくるだろうと思っています。

週刊読書人2021年6月11日号より
公式LINEアカウントはこちら