最新情報

日本ペンクラブと国際交流基金トロント日本文化センターが主催したイベント「日本とカナダの作家が語る―パンデミックによる社会変容と創作への影響-」のトーク動画が公開されています。

日本ペンクラブと国際交流基金トロント日本文化センターが主催したイベント「日本とカナダの作家が語る―パンデミックによる社会変容と創作への影響-」のトーク動画が公開されています。

本イベントには、カナダよりマーガレット・アトウッド氏、キャサリン・ゴヴィエ氏、ヴィンセント・ラム氏、日本の作家は浅田次郎氏、桐野夏生氏、平野啓一郎が参加し、コロナ禍がもたらした社会、文化、人々の行動や考え方への変化と、今後の創作への影響についてお話しました。

日本カナダ文学交流 「日本とカナダの作家が語る-パンデミックによる社会変容と創作への影響」 日本ペンクラブと国際交流基金トロント日本文化センターは、同センター設立30周年を記念して、日本カナダ文学交流「日本とカナダの作家が語る―パンデミックによる社会変容と創作への影響-」を開催いたします。日本とカナダを代表する著名な作家の方々に、コロナ禍がもたらした社会、文化、人々の行動や考え方への変化と、今後の創作への影響についてお話を伺いました。カナダの作家はマーガレット・アトウッド氏、キャサリン・ゴヴィエ氏、ヴィンセント・ラム氏で、日本の作家は浅田次郎氏、桐野夏生氏、および平野啓一郎氏です。各々の作家は事前に相手国側へ質問をし、お互いの問いにトークの中で回答します。コーディネーターは佐藤アヤ子明治学院大学名誉教授です。 6名の作家のトークおよび主催者挨拶は、YouTube 公式チャンネル「日本ペンクラブ」でご覧になれます。 録画は2021年2月と3月にカナダと日本で行われました。

イベントの詳細と作家については、 日本ペンクラブの公式サイト国際交流基金トロント日本文化センターの公式サイトをご覧ください。

公式LINEアカウントはこちら