最新情報

『BRUTUS』にて、クラシック音楽を深める文学作品8作をご紹介しています。

『BRUTUS』916号(5月15日発売)は、特集「クラシック音楽をはじめよう」。
「クラシックが聴きたくなる文学って?」にて、平野啓一郎が、クラシック音楽を深める文学作品8作をご紹介しています。『対訳 ペレアスとメリザンド』、『道化者』、『仮面の告白』など。

“今は、インターネットで一曲単位で買う人も多いとは思いますが、曲を聴いた印象だけで終わるのではもったいない。文学作品から作曲家の人物像や曲が作られた背景、作曲家が生きた時代の空気を知ると、さらに音楽に深みが増すことでしょう。”

ぜひご覧くださいませ。

公式LINEアカウントはこちら