最新情報

こども研究所に平野啓一郎のインタビューが掲載されています。

博報堂教育財団こども研究所に、平野啓一郎のインタビューが掲載されています。

タイトル:
インタビュー「読書体験が救いになるとき」

掲載ページはこちらから。

“普通の問題であれば飲み屋に行って友達と話して解決できたりするかもしれない。でも、日常の中で上手く場所を得ないような話題がある。なんで人を殺しちゃいけないのか。なんで人は死ぬのか。身内が亡くなったのに全く悲しく感じない自分ってなんなのか、とか。人間が日常生活の中でなかなか解決しようがない問題を考えるときに、やっぱり文学の言葉が力を持つし、それこそが文学の存在意義としてアピールできるところだと思うんです。”

ぜひご覧くださいませ。