お知らせ一覧

分人についてのインタビュー記事が地方紙に掲載

共同通信社による平野への分人についてのインタビュー記事が、東奥日報(青森県)や佐賀新聞(佐賀県)など、各地の地方紙に掲載されました。「私たちの平成」という連載企画内で、ネットの世界と分人の関係について話しています。

作家の平野啓一郎(42)は、向き合う相手や環境に応じた自らの振る舞い方の変化を肯定的に捉え、その一つ一つの人格を「分人」と名付けた。近代では「一人の人格は統一されたものであるべき」との考え方が広く受け入れられた。

だが、平野は「グローバル化や多様化が進み、背景が異なる人と接するのが当たり前の時代に『自分は自分』という一本調子でうまくコミュニケーションが取れない」と説く。(記事より引用)

今後も各地の地方紙で順次掲載予定ですので、ご覧くださいませ。