作品

名場面で味わう日本文学60選
名場面で味わう日本文学60選

名場面で味わう日本文学60選

発売日: 2021/03/24

6人の慧眼が選ぶ必読の「名場面」集! 【全作解説つき】

ネタバレ御免!
1作10分、贅沢な文学体験

芥川龍之介 三島由紀夫 川端康成
夏目漱石 武田麟太郎 梶井基次郎
谷崎潤一郎 村上春樹 永井荷風
向田邦子 樋口一葉 田山花袋
――などなど、日本文学の代表60作を網羅!

「ここに取り上げられた『名場面』の数々は、多くの人が納得するものもあれば、寧ろ、これまで注目されてこなかったが、新たな『名場面』候補として野心的に提案されたものも少なくない。こうした『名場面』に着目した文学史の風景自体が、これまでありそうで、なかったのだから、それも必然的なことだった。しかし、一度、この認識に立てば、今後は『名場面ハンター』として、名作のここぞという箇所に目を光らせる読み手にもなり得ることだろう。
〈平野啓一郎「はじめに」より〉


【目次】全作解説つき
案内人(1) 平野啓一郎
●芥川龍之介『蜜柑』
●林京子『ミッシェルの口紅』
●三島由紀夫『金閣寺』
●森鴎外『阿部一族』
●泉鏡花『歌行燈』
●大江健三郎『新しい人よ眼ざめよ』
など

案内人(2) 阿部公彦
●川端康成『雪国』
●上林暁『花の精』
●森鴎外『渋江抽斎』
●志賀直哉『城の崎にて』
●夏目漱石『明暗』
●川崎長太郎『鳳仙花』
など

案内人(3) ロバートキャンベル
●武田麟太郎『黴の花』
●吉野源三郎『君たちはどう生きるか』
●アーネスト・ホーブライト『東京ロマンス』
●梶井基次郎『泥濘』
●岡本綺堂『銀座の朝』
●岡本かの子『混沌未分』
など

案内人(4) 鴻巣友季子
●安部公房『箱男』
●河野多惠子『みいら採り猟奇譚』
●川上弘美『神様』
●いとうせいこう『ノーライフキング』
●夏目漱石『吾輩は猫である』
●村上春樹『風の歌を聴け』
など

案内人(5) 田中慎弥
●池澤夏樹『マシアス・ギリの失脚』
●佐多稲子『水』
●谷崎潤一郎『春琴抄』
●永井荷風『勲章』
●田中英光『オリンポスの果実』
●向田邦子『かわうそ』
など

案内人(6) 中島京子
●樋口一葉『たけくらべ』
●石牟礼道子『椿の海の記』
●幸田文『流れる』
●大岡昇平『出征』
●太宰治『富嶽百景』
●安岡章太郎『ガラスの靴』
など

公式LINEアカウントはこちら