作品

④滴り落ちる時計たちの波紋
④滴り落ちる時計たちの波紋
④滴り落ちる時計たちの波紋

『④滴り落ちる時計たちの波紋』

発売日: 2004/06/29

前作の方法論を引き継ぎつつ、ゼロ年代社会への批評性を強め、更に拡大し、深化する世界。

カフカの『変身』に自らの境遇を重ねる青年の独白を通じ、ロスジェネ世代の苦悩を描いた「最後の変身」。自傷的な夢想への郷愁溢れる「les petites Passions」。前後どちらから読んでも同じ〝回詩〟という形式によって、取り返しのつかぬ罪に「閉じ込められた少年」。ボルヘスを更新する「『バベルのコンピューター』」。……豊かな創造性で、次々に新しい表現を開拓する一方、「初七日」は、父と子との“和解”のヴィジョンを結実させた古典的静謐漂う逸品。第2期の中核をなす可能性の宝庫。

初出


白昼(『読売新聞大阪版』朝刊 2003年4月8日)
初七日(『文學界』2003年6月号)
珍事(『群像』2003年11月号)
閉じ込められた少年(同上)
瀕死の午後と波打つ磯の幼い兄弟(同上)
les pettites Passions(同上)
くしゃみ(同上)
最後の変身(『新潮』2003年9月号)
バベルのコンピューター(『文學界』2004年1月号)

翻訳書籍