作品

①日蝕・一月物語
①日蝕・一月物語

『①日蝕・一月物語』

発売日: 1998/10/15

弱冠23歳で発表された平野文学の原点! すべてはここから始まった。

『日蝕』
15世紀末、ペストの猖獗によって荒廃した南仏の小村を舞台に、旅の途上の若き学僧の聖性体験を、漢語を多用した華麗で清新な文体で描き出し、文壇に衝撃を与えたデビュー作。
錬金術の作業過程と魔女裁判とが幻視的に交錯する重層的な構造で、クライマックスの焚刑の場面は圧巻。
90年代の閉塞からの超越が希求されたが、「悪」との暴力的な対峙という00年代以降の政治状況の予言ともなった。
第120回芥川賞受賞。発表時、京大法学部の学生だったことも話題となり、40万部のベストセラーとなる。

『一月物語』
『日蝕』の姉妹篇として構想された第2作目。幻想的な自然美の中で生きられた、永遠の時。
明治30年、自由民権運動に挫折し、詩人となった青年真拆は、「神経衰弱」を癒やす旅の途上で、一匹の美しい蝶に誘われ、奈良県十津川村の山中に迷い込む。毒蛇に噛まれ、九死に一生を得た彼は、夢と現との狭間で、運命の女性との邂逅に心奪われる。――
月を象徴とする神話的な物語は、全平野作品中、最も耽美的。バイロン的ロマン主義と縁起との相克を、「情熱」的に生きようとする青年の姿が、典雅な文体で夢幻的に描かれている。

初出


『新潮』1998年8月号

受賞歴


第120回芥川賞

関連作品