お知らせ一覧

2016年のWORKS

12月

  • 『読売新聞』にエッセイ「『西洋美術の歴史』刊行によせて」掲載 (2017.12.29)
  • 『透明な迷宮』(新潮文庫)発売(2016.12.24)
  • 『群像』(1月号)の「50人が考える『美しい日本語』」特集にエッセイ「森鴎外『鶏』ー『美しい日本語』とは何なのか?」掲載(2016.12.7)
  • 『すばる』(1月号)「17歳の時」特集にエッセイ「初めて小説を書いた年齢」掲載(2016.12.6)
  • 『ヨコオ・マニアリスム』展(横尾忠則美術館)カタログに、エッセイ「その過程で、何が起きているのか?」掲載

11月

  • 舞台『肉声』作・演出(2016.11.25-27)
  • 『混沌と抗戦~三島由紀夫と日本、そして世界』(水声社)に講演録「変わり得ぬものの共同体~『金閣寺』、『仮面の告白』、天皇」掲載(2016.11.25)
  • 『新潮』(12月号)に戯曲「肉声」、エッセイ「肉声縁起」掲載(2016.11.7)
  • 『文學界』(12月号)に「なぜ今、ジャン・コクトー劇か」(『肉声』についての杉本博司氏との対談)掲載(2016/11/7)
  • 『The Gentlemen Makers』(2016 winter)の巻頭にエッセイ「コートの印象」掲載
  • 歯科医院専用 来院者向け読み物『はなはなし』(26号)にエッセイ「祖父の記憶」掲載
  • 季刊『Nextcom』(Vol.28)の連載エッセイ「すでに始まってしまった未来につい
    て」 28回目「そこまで「格差が必要か?」掲載

10月

  • 『西日本新聞』の「提論」に『「自己責任」論 「存在の多様性」尊重を』掲載(2016.10.23)
  • 『マイルス・デイヴィスの真実』(小川隆夫著 講談社+α文庫)に解説「偉大さと親近感と」掲載(2016.10.21)
  • 『小説読本』(三島由紀夫著 中公文庫)に解説「混沌を秩序化する技術」掲載
  • 「文藝春秋」(11月号)の「旬選ジャーナル」欄に「「貧困たたき」の背景は?
    NHK報道巡りネット炎上」寄稿(2016.10.20)
  • 『生きる理由を探している人へ』(角川新書 大谷ノブ彦 平野啓一郎共著)刊
    行(2016.10.10)
  • 『The Gentlemen Makers』(2016 Autumn)の巻頭にエッセイ「来る秋もそれぞ
    れ」掲載

9月

  • 『Richesse』(No.17)にエッセイ「旅先で、もし羽ばたけるなら」掲載(2016.09.28)
  • 「ojo」(8・9月号) リレーコラム「新聞広告について」欄
    「家族で紙面を指差しながら」寄稿
    http://adv.yomiuri.co.jp/ojo/column/relay/201608relay.html
  • 『谷崎潤一郎全集』(第25巻)月報にエッセイ「「愚と云ふ貴い徳」の弁護人」
    掲載
  • 『中央公論』(10月号)にエッセイ「傑作群の底に流れていたもの~谷崎潤一郎
    「創作ノート」を読み解く」掲載(2016.09.09)
  • 『作家の口福~おかわり』(朝日文庫)にエッセイ「私の「肉観」は変わった」、
    「パリのラーメンは、なぜか懐かしい」、「「ウマい」という感覚の遅さ」、「昼食は、ほとんど毎日カプレーゼ」掲載(2016.09.07)
  • 『Nextcom』(Vol.27)の連載エッセイ「すでに始まってしまった未来につい
    て」27回目「一々、言ってくることか?」掲載

7月

  • 『アサヒカメラ』 8月号 わたしが選ぶ木村伊兵衛のこの一枚 29
    “川開き”についてのエッセイ「北九州と、屋根の上の記憶」掲載
    (2016.07.20)

6月

  • 『GOZOノート1 コジキの思想』(吉増剛造)
    解説「疾駆し、「ゆきき」する若き詩人」掲載(2016.06.15)
    https://www.keio-up.co.jp/np/detail_contents.do?goods_id=3207
  • 『新潮』(7月号)に三島由紀夫賞の選評『「文学の未来を拓く新人」とは』掲
    載(2016.06.07)

5月

  • 『Whisky Voice』(53)にエッセイ「自宅にウィスキー・ボトル」掲載
  • 『Nextcom』(Vol.26)の連載エッセイ「すでに始まってしまった未来につい
    て」26回目「マイナンバーの行方」掲載
  • 『第18回 別府アルゲリッチ音楽祭』の公式プログラムにエッセイ「音楽によ
    る平和、音楽のための平和」掲載。また、アニー・デュトワ・プロデュースの「夜のガスパール」で、朗読者として、マルタ・アルゲリッチと共演
  • 『西日本新聞』の「提論」に「「人間の尊厳」とは何か」掲載(2016.05.29)
  • 『きらら』 6月号 書評掲載(2016.05.20)
  • 『野性時代 』6月号 書評(2016.05.12)
  • 『群像』6月号 書評掲載(2016.05.07)

4月

  • 『マチネの終わりに』(4月9日 毎日新聞出版)刊行。
  • 『KYOTOGRAPHIE 2016』のカタログに巻頭エッセイ「Circle of Life」掲載。
  • 『日本経済新聞』(4月14日)の「NIKKEIART REVIEW」にて、美術展レビュー第84回目、「カラヴァッジョ展」(国立西洋美術館)評掲載。
  • 『血盟団事件』(中島岳志 文春文庫)に解説掲載。
  • 『The Gentlemen Makers 夏号』(ISETAN MEN’S)に巻頭エッセイ「静かな夏の記憶」掲載。
  • 『Japon L’empire de l’harmonie』(Corinne Atlan著 Collection L’AME DES PEUPLE)にインタヴュー「Au Japon, la preservation de la cohesion sociale prime sur la liberte de penser de l’individu」掲載。

3月

  • 『新潮』(4月号)に『石川啄木』(ドナルド・キーン著)の書評「私達自身のような「夭折の天才」」掲載。
  • 『日本経済新聞』(3月17日)の「NIKKEIART REVIEW」にて、美術展レビュー第83回目、「「1915-16 100年前の鴎外とその時代」」(森鴎外記念館)評掲載。
  • 『Nextcom』(Vol.25)の連載エッセイ「すでに始まってしまった未来について」25回目「外国人としての被災」掲載。
  • 『西日本新聞』(3月20日)の「提論」に「「公平」は国民への規範」掲載。
  • 『読売新聞』(3月26日夕刊)の「谷崎潤一郎名キャラ図鑑」欄にエッセイ「『細雪』の妙子」掲載。

2月

  • 『日本経済新聞』(2月11日)の「NIKKEIART REVIEW」にて、美術展レビュー第82回目、「世界のブックデザイン2014-15展」(印刷博物館P&Pギャラリー)評掲載。
  • 『MONKEY』(vol.8)のアンケートに回答。
  • 『The Gentlemen Makers 』(2.17)にエッセイ「時との遭遇」掲載。
  • 『1980年代 なんだったのか、あの時代』(河出ブックス 斉藤美奈子 成田龍一編集)にインタヴュー「地方・フェイク・へるめす」+エッセイ「昭和プロレスの〝リアリティ〟」掲載。

1月

  • 『西日本新聞』(1月18日)の「提論」に「日本批判のジレンマ」掲載。
  • 『日本経済新聞』(1月14日)の「NIKKEI ART REVIEW」にて、美術展レビュー第81回目、「野口 里佳 写真展:夜の星へ」(キャノンギャラリー)評掲載。