お知らせ一覧

平野が作・演出した舞台公演『肉声』 11/25-27に公演決定!

平野啓一郎が作・演出した舞台『肉声』が、
2016年11月25日〜27日に東京・草月ホールにて公演されます。

詩人・小説家・劇作家・評論家として、
20 世紀のフランスで活躍したジャン・コクトーの戯曲
『声/La Voix』を下敷きにした本作は、
設定を日本の昭和初期に置き換え、全く新しい作品となっています。

20160616-nikusei

主演に寺島しのぶさんを迎え、
世界で活躍するバイオリニスト・庄司紗矢香さんが節付を、
杉本博司さんが構成・演出・美術を担当しています。

チケットの前売は、【9/10】から。
異色の顔ぶれでお送りする実験的パフォーマンスを、
その目で見て、感じてください。


『肉声』梗概

平野啓一郎

1940年の晩夏。──
女は、ひとしきり、自宅の庭のプールで泳いだあとで、ぼんやりと蓄音機に耳を傾けていた。
ル・コルビュジエ風の本格的なモダニズム建築。世に妾は数多あれど、こんな妾宅はまたとない。そこは、二人の男女の美と欲望の人口楽園だった。
日米開戦前夜、不安な予感に苛まれつつ、二人は電話で、いつもの?風変わりな遊び?に耽る。……
そして、1945年3月。
度重なる空襲によって、焼け野が原となった東京で、彼らは再び、電話口にいた。世界の破滅を予感し、肉体への渇望を、愛へと昇華しようとする男。その時、女の「肉声」は、彼女の心の「虚」と「実」を、金色の言葉の糸で縫い合わせてゆく。そして、語られた思いがけない言葉。
彼女の真情は、一体、何だったのか? そして、二人の運命は……?


公演・チケット情報はこちら
▶ http://www.odawara-af.com/jp/information/201609091611-koe-information.html

(スタッフ)